【Splice】サブスク型サンプル音源配信サービス!特徴・料金・使い方は?

当ページのリンクには広告が含まれています。
こんなお悩みありませんか?
  • 作曲をしているけど、自分の作ったものだけでは限界を感じる
  • 効果音みたいな音や声ネタって、どこで手に入るんだろう…

そんな時はサンプル音源を聞いたり、実際に曲に組み込んだりすることで、新しいアイデアを手に入れられるかもしれません。

サンプル音源を入手できるサイトでおすすめなのが、サブスク型サンプル音源配信サービスであるSpliceです。

この記事でわかること
  • サンプル音源配信サービス「Splice」でできること
  • Spliceの日本円換算した料金
  • Spliceの使い方
管理人

サンプル音源で作曲の幅を広げたい人、
Spliceが気になっている人はぜひお読みください!

※記事内のスクリーンショットはsplice公式ページから引用しています。

目次

Spliceでできること

splice

Spliceは毎月定額を支払うことでクレジットを受け取り、そのクレジットでサンプル音源を購入することができるサービスです。

サンプルの購入が基本の使い方になりますが、他にも様々なサービスがあります。

圧倒的量のサンプル音源をダウンロードできる

ロイヤリティフリーのサンプル音源をダウンロードして使うことができます。

管理人

サンプル音源とは本来ある曲の一部を取り出した(サンプリング)音源のことを言いますが、ここでは「効果音」「ワンフレーズ」という認識でも大丈夫です。

配信されているサンプルの総数は明らかではありませんが、数百万点を超えているとか。

1クレジットを消費してサンプル音源を1つダウンロードするのがSpliceの基本の使い方です。

ダウンロードした音源は退会した後も利用可能です。

「ロイヤリティフリー」とは

ロイヤリティフリー(royalty-free)とは、事前に当事者間で合意された利用範囲内であれば、追加のロイヤリティを支払うことなく、複数の利用など、利用を継続することができる著作物等のことをいいます。

引用元:ロイヤリティフリーな画像・写真等素材の利用範囲とは
https://monolith.law/corporate/use-range-of-royalty-free

ロイヤリティフリーとは、著作物に対して料金を支払うことで決められた範囲内の使用が認められるというものです。

Spliceのサンプル音源は商用利用もできますが、サンプル単体の再配布などは認められていません。

また、「ロイヤリティフリー」は「著作権フリー」とは異なり、サンプルの作者は著作権を放棄していないことにも注意が必要です。

Spliceではロイヤリティフリーの音源を購入した、つまりライセンスを持っていることの証明書を発行してもらうことができます。

MIDIデータ・シンセプリセットが購入できるものも

サンプル音源の中には、MIDIデータやソフトシンセのプリセット(音色)を購入できるものもあります。

1つにつき3クレジットを消費しますが、データとしてサンプルを曲に組み込みたい時にはとても便利なサービスです。

シンセプリセットは対応するソフトシンセを持っていないと使えませんが、Creator・Creator+のプランでダウンロードできるAstraやBeatmakerに対応したプリセットもあります。

シンセプリセット

最も多いのは有料プラグインであるSerumのプリセットで、2023年11月時点では約44,000点がありました。

\何百万ものサンプル音源の世界へ!/

こちらから14日間無料トライアル

「Splice AI」でサンプルの組み合わせが試せる

管理人

私が一番おすすめの機能です

Splice AI」を使ったCreate機能を使うことで、サンプル音源をAIが組み合わせてくれます。

splice create

テンポや繰り返す回数、調などは自動で調整してくれるので、まさに自動で作曲をしてもらうような感覚でサンプル音源を探すことができます。

また、調整したデータ(スタックと呼びます)はAbleton Live・Studio Oneのプロジェクト、もしくはそれぞれをWAVファイルとしてダウンロードできるので、選んだサンプルを編集して曲を作っていくことも可能です。

曲調を選んで最初からランダムに組み合わせられるほか、1つのサンプルを選んでそれに合う他のサンプルを組み合わせることもできます。

各サンプルの音量とテンポの変更が可能です。

管理人

あまりにサンプルが多すぎるので、Create機能でランダムに抽出されたものを使ってみることもあります。

無料プラグインをダウンロードできる

Spliceから提供されている無料のプラグインをダウンロードできます。

Splice bridge

Splice Bridge

Spliceのデスクトップ版アプリと連動して、DAW上でサンプルがどのように鳴るかを試聴できるプラグインです。

曲中でどのように鳴るかや、エフェクトのかかり具合などを見たいときに便利です。

Cubaseなど、主要なDAWに対応しています。

Astra(Creator・Creator+のみ)

Astra

プリセットを細かに編集して使える、高機能なソフトシンセです。

SpliceではAstraのプリセットも多く販売されています。

Beatmaker(Creator・Creator+のみ)

パッド
パッド画面
beatmaker シーケンサー
シーケンサー画面

サンプル素材を選択し、タイミングを指定して再生するドラムシーケンサーです。

音の調整やMIDIでの書き出しにも対応しています。

Beatmakerのプリセットも多く販売されています。

少額から有料プラグイン・ソフトを試せるサービスRent-to-Own

Rent-to-Own

Rent-to-Ownという、毎月定額を払うことでDAWやプラグインなどを「借りる」ことができるサービスもあります。

満額を支払うと、購入したものとして使うことができます。

スマホアプリの機能が充実

Spliceにはスマホアプリ(Splice – Music Made)が用意されており、機能が充実しています。

splice アプリ

ブラウザ版・デスクトップアプリ版同様にサンプルを検索してライブラリに保存することができます。

アップデートでCreate機能も使用できるようになりました。

保存したサンプル音源やスタックはブラウザと共通のライブラリに保存されるので、外出中にスマホで音源を探して後でPCにダウンロード、という使い方ができます。

\何百万ものサンプル音源の世界へ!/

こちらから14日間無料トライアル

Spliceのプランと日本円での料金

料金

Spliceの料金プランと、プランによる違いを表にまとめました。

Sounds+CreatorCreator+
月額料金(消費税含まず)12.99ドル19.99ドル39.99ドル
消費税を含めた料金
(日本円換算)
14.29ドル
(約2,100円)
21.99ドル
(約3,200円)
43.99ドル
(約6,400円)
毎月もらえるクレジットの数100200500
デスクトップ・スマホ版アプリ
Splice Bridge
Createの利用とダウンロード
Astra×
Beatmaker×
Rent-to-Ownの利用
Skills(音楽制作レッスン・英語)の利用×
為替レートは2024年6月28日のものを参考にしています。
Sounds+CreatorCreator+
月額料金(消費税含まず)12.99ドル19.99ドル39.99ドル
消費税を含めた料金
(日本円換算)
14.29ドル
(約2,100円)
21.99ドル
(約3,200円)
43.99ドル
(約6,400円)
毎月もらえるクレジットの数100200500
デスクトップ・スマホ版アプリ
Splice Bridge
Createの利用とダウンロード
Astra×
Beatmaker×
Rent-to-Ownの利用
Skills(音楽制作レッスン・英語)の利用×
為替レートは2024年6月28日のものを参考にしています。

年間払いにすると、2か月分が割引になります。

Spliceの利用には有料プランの加入が必要ですが、すべてのプランに14日間の無料トライアル期間が含まれています。

無料トライアル期間にできること

  • サンプルの検索
  • Astra・Beatmakerの利用(Creator・Creator+のみ)
  • クレジット不要のサンプルのダウンロード
管理人

無料トライアル期間中は、クレジットが必要なサンプルのダウンロードはできません。
ダウンロードしたい場合は、有料プランの支払いを開始する必要があります。

プランの選び方とおすすめ

プランの選び方は、月にどれくらいクレジットを使うかで選ぶとよいです。

よっぽどのことがない限り、Sounds+Creatorで足ります。
毎日複数個サンプルを使うのであればCreatorが必要かもしれませんが、1週間に数個のペースならSounds+で十分です。

AstraやBeatmakerが使いたければCreatorにする必要がありますが、他のシンセでも代用できる場合もあります。

管理人

私は最初はCreatorで契約していましたが、現在はSounds+です。
シンセプリセットはSerumを購入して使用しています。

\何百万ものサンプル音源の世界へ!/

こちらから14日間無料トライアル

Spliceの注意点

迷う

ここまでSpliceの特徴を見てきましたが、利用する上で注意すべき点もあります。

日本語に対応していない

Spliceは日本語に対応していません

ブラウザの翻訳機能を使えば一応は使えますが、手続きや規約の確認などには手こずるかもしれません。

管理人

入会方法については後ほど解説します!
退会・プラン変更方法はこちらの記事で解説しています。

また、料金も日本円ではなく米ドルでの支払いになります。

サブスク制なので単発利用に向かない

サブスク制なので単発利用には向いていません

Spliceにあるサンプルが1つだけ欲しいとしても、ダウンロードには有料会員入会が必要になります。

退会するとクレジットが消える

Spliceを退会してもダウンロードした音源は使えますが、使い残したクレジットは消えてしまいます

使い切ってから退会するか、2か月以内に再開する場合は休会をすると無駄がないかと思います。

管理人

退会申請してから次の更新日までは利用できるので、使わないと思ったら早めに解約するのが良いでしょう。

YouTubeなどで音源を使う時に著作権違反とみなされる場合がある

YouTubeなどでサンプルを使った楽曲をアップロードする時に、著作権違反と判定される場合があります。

商用利用可、利用は非独占的となっていますが、別の利用者がサンプルを使った楽曲をContent IDに登録している場合に著作権違反と検出されてしまうことがあります。

別の音と組み合わせる、調やテンポを変えるなどして回避するしかありません。

Spliceの入会方法

Spliceの入会方法を紹介します。

STEP
Splice公式サイトにアクセスし、「Try free」をクリック

右上にあります。

Splice トップ
STEP
アカウントを作成

メールアドレスまたはソーシャルアカウントでアカウントを作ります。
メールアドレスの場合は、入力したら「Continue」をクリックします。

アカウント
STEP
プランを選ぶ

無料トライアルでもプランの選択が必要です。
希望するプランを選択して、「Start free trial」をクリックします。

プラン選択
STEP
支払方法を入力

無料トライアルでも支払方法の入力が必要です。
(ただし、トライアル中に退会すれば料金はかかりません)

支払いはクレジットカード・PayPalに対応しています。

支払方法
STEP
「Start free trial」をクリックして登録完了

内容を確認し「Start free trial」をクリックして、登録完了です。

退会しない限りは自動で課金が始まるのでご注意ください。

ここまでの手順で無料トライアルが使えるようになります。

STEP
「Start subscription」をクリックして有料プランを開始

トップページ右上の「Start subscription」から開始できます。

Splice free top

\何百万ものサンプル音源の世界へ!/

こちらから14日間無料トライアル

管理人

退会方法はこちらの記事で紹介しています!

Spliceの基本的な使い方

Spliceの基本的な使い方を紹介します。

デスクトップアプリをダウンロードする

Spliceのデスクトップアプリは、サンプルをDAWに直接ドラッグ&ドロップできる、プラグインのダウンロードに使うなど便利な機能があるので、ダウンロードしておきましょう。

ダウンロードされていない状態であれば「Sounds」の画面の中ほどに「Install」と表示されるので、ここからダウンロードできます。

desktopapp

サンプルを探す

サンプル・MIDI・プリセットを探すときは、画面左上の「Sounds」をクリックします。

Sounds

おすすめやランキングが表示されるほか、楽器やジャンル、発売レーベルから絞り込むこともできます。

気に入ったサンプルは右側の+ボタンで購入できます。

buy

購入したサンプルは左のサイドバーの「YOUR LIBRARY」の「Sounds」、もしくはデスクトップアプリから確認することができます。

でまとめています。

Splice AIを使う

Splice AIを使う時は、「Sounds」を開き、左のサイドバーから「Create」をクリックします。

作りたいジャンルを選択します。

ミックスされたサンプル音源(スタック)が鳴ります。

以下のような操作ができます。

Create

「Save」をクリックすると、スタックが「YOUR LIBRARY」の「Stacks」に保存されます。
この時点ではサンプルは購入されていません。

「Stacks」を開き、「View Samples」をクリックします。

スタックが表示・再生されるので、「Export」から任意の形式を選択し、ダウンロードします。
この時にサンプル1点につき1クレジットが消費されます。

「Stems」はAIによって調やテンポが調整されたサンプル、「Original samples」は調整される前のサンプルをダウンロードできます。

\何百万ものサンプル音源の世界へ!/

こちらから14日間無料トライアル

Spliceはこんな人におすすめ!

Spliceは以下のような人におすすめです!

  • 作曲の新しいアイデアを得たい人
  • 曲に組み込むサンプルを複数探している人
  • AIによるサンプル音源ミックスを利用したい人
  • プラグインを無料、または少額で試してみたい人

まとめ:Spliceで新しいインスピレーション!

Spliceの特徴、注意点、料金、入会方法について見てきました。

Spliceでできることをまとめます。

  • サンプル音源をダウンロードできる
  • サンプル音源をAIで組み合わせられる
  • MIDIデータ・シンセプリセットもダウンロードできる
  • 有料でプラグイン・ソフトが試せる

サンプル音源はあなたの作曲に新しいアイデアを与えてくれるはずです!

Spliceを利用して、新たな音楽体験を!

\何百万ものサンプル音源の世界へ!/

こちらから14日間無料トライアル

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
\ポイントアップキャンペーン開催中!/
Amazon

おすすめDTMスクール

比較記事で詳しく見る↓

この記事を書いた人

ぴこのアバター ぴこ 管理人

音楽歴15年、DTM歴4年、作曲歴1年のこそこそ生きてるDTMer。Cakewalk生まれCubase育ち。現在はCubase Proを使用中。DTMやボーカロイドのお役立ち情報を発信しています。ギター練習中。

目次