【DTM初心者必見】知っておきたいDTM用語を解説!

【DTM初心者必見】知っておきたいDTM用語を解説! DAW
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
スポンサーリンク

DTMに興味があるけど、まずサイトの用語の意味が分からない……とお困りの方は多いのではないでしょうか。
独自の用語も多く、調べようにもそもそも説明に使われている言葉が分からないということもあると思います。

管理人
管理人

私がそうでした。

この記事ではDTM初心者の方向けに、私が初心者だったころ意味が分からなかった単語についてとても、とてもざっくり解説していきます。

この記事を読めば、とりあえずDTMの「説明についていける」ようになります!

逆に詳しい定義まではほとんど触れていません。
入門編として読んでいただけると幸いです。

そもそも編

そもそもDTMってなんぞや……という方に向けて、ざっくり解説です。

DTM

DTMとはDesk Top Musicの略です。「パソコンなどのデスクトップ上で楽曲を制作・編集すること」そのものを指します。
後述するDAWと混同されがちですが、DTMはパソコンで音楽を作る、という行為を総称した言葉になります。

DAW

DAWはDigital Audio Workstationの略です。
CubaseやStudio Oneなどのような、DTMをするためのソフトウェアのことを指します。
「DAWソフト」という言い方もします。

管理人
管理人

私は日本でシェアが高く困ったことを日本語で調べやすいというメリットからCubaseを選びました。

規格・形式編

ケーブルの規格やデータの形式などは特に略されることが多いので、難解になってしまいますね。

特に多用するものについて解説します。

MIDI

MIDIはMusical Instruments Digital Interfaceの略で、電子楽器を接続するための規格です。

実際のMIDI規格の端子やケーブルを使うことは現在では少ないですが、DAW上で打ち込みしたデータはMIDIの形式で記録されます。

オーディオ

オーディオはDAWに取り込んだ音声データや、DAWで録音したボーカルやギターなど楽器の音のデータの形式です。

ASIO

ASIOはオーディオドライバ(PCと外部・内部機器を接続するためのソフトウェア)の規格です。
他にもWASAPIなどの規格があります。

VST

VSTはプラグインの形式です。

VSTに対応したDAWであれば、VSTプラグインを使うことができます。

管理人
管理人

連携させるにはDAWとプラグインソフトの両方がVSTに対応している必要があります。

ハードウェア編

DAWなどのソフトウェアに対して、実際の音響機器などの機械類はハードウェアです。

オーディオインターフェース

オーディオインターフェースとは、パソコンとマイクやギター、シンセサイザーなどの入力機器、スピーカーやヘッドフォンなど出力機器を接続するためのハードウェアです。

外部機器を接続するためだけではなく、遅延を防ぐためにも、DTMをするなら持っておきたいハードウェアの1つです。

購入特典としてDAWの無料版が付属してくることが多いので、これからDTMを始める方はついてくるDAWで選ぶのもよいかもしれません。

管理人が使っているのはRolandのDUO-CAPTURE EXです。

DUO-CAPTURE EX
既に生産完了しています。リンク先は後継機です。

MIDIキーボード

MIDIキーボードはパソコンにUSBまたはオーディオインターフェース経由で接続し、押した鍵盤の音をMIDIデータで入力できるキーボードです。

機種にもよりますが、音源を内蔵していないタイプは単体で音を出すことができません

管理人はARTURIAのKEYSTEPをMIDIキーボードとして使用しています。

音名覚えられないマン

フィジカルコントローラー

フィジカルコントローラーとは、つまみ(フェーダー)やダイヤル、ボタンなどを割り当てて、DAWの操作を物理的に行えるようにするハードウェアです。
MIDIコントローラー、コントロールサーフェイスとも呼ばれます。

管理人が持っているKEYSTEPもフェーダーの割り当てに対応しているので、厳密にはMIDIコントローラーです。

もっと強いのが欲しいです。

シンセサイザー

シンセサイザーは「電子楽器」などとも呼ばれる、音色を作成・編集できる楽器のことです。
「シンセ」と略されます。

イメージとしてはこんな感じの機械です。

また、鍵盤と一体化しているもの、はたまた管楽器型のもの(ウインドシンセ)もあります。

シンセサイザーをDAWに接続して使う他に、シンセサイザーの機能を持つプラグインのことをプラグインシンセ(ソフトシンセ)とも呼びます。

モニターヘッドホン

モニターヘッドホンは、通常のヘッドホンのような「重低音が強い」などの音の加工がされないヘッドホンです。

聞く環境によっては曲の聞こえ方が違うこともあり得るので、DTMの制作中は入力したとおりに音が鳴るヘッドホンやスピーカーを使うのが良いでしょう。

ソフトウェア編

DAWだけでなく、DAWの機能を拡張する様々なソフトウェアがあります。

プラグイン

プラグインはいろいろな分野で使われる用語ですが、DTMにおいてはDAWに様々な機能を追加するソフトのことです。

DAWに最初から付属しているプラグイン(付属プラグイン)と、有料もしくは無料でダウンロードできるプラグイン(外部プラグイン)があります。

ソフト音源

ソフト音源とは、ピアノやドラム、シンセサイザーなどの楽器の音を出すためのプラグインです。

エフェクト

エフェクト(プラグインエフェクト)とは、音を歪ませる、響かせるなどの効果を与えるプラグインです。

エレキギターなどで使うエフェクターと働きは似ています。

まとめ

DTMの基礎知識として必要な単語をざっくり解説してきました。

他にもこれ分からんかったなという単語を思い出したら適宜更新していこうと思っています。
参考になれば幸いです!

タイトルとURLをコピーしました