【Cubase13】MIDIキーボードがつながらない時に確認してほしいこと

【Cubase13】MIDIキーボードがつながらない時に確認してほしいこと DAW
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
スポンサーリンク

MIDIキーボードとしてArturiaのKeyStepを使用しているのですが、ある日突然USB接続ができなくなってしまいました。

オーディオインターフェースを経由してMIDI端子で接続すれば使えてはいたのですが、ケーブルが増えてしまうので不便でした。
というわけで、解決を試みました。

色々試しましたが、なんと大変初歩的な方法で解決してしまいました。
Cubase13とArturia KeyStepを基準に話していますが、他のソフト、機器でも応用できる方法です。

管理人
管理人

MIDIキーボードが認識されなくてお困りの方はぜひ試してみてください。

結論:USBの規格を確認しよう

結論から言うと、KeyStep付属のケーブルはUSB3.0(差し込み口の内側が青い穴)に対応していませんでした。

2.0の方(差し込み口の内側が黒い穴)に接続してみるとすぐに認識してくれました。
今までの苦労は何だったんだ……。

このように、機器側がUSB3.0に対応していないのに3.0のポートに接続してしまうと正常に動作しないことがあるのです。
他の機器をお使いの方も、3.0がだめなら2.0で試してみるとよいでしょう。

3.0と2.0
左ではなく右が正解でした

USBの規格に気づく前に試したこと

USBの規格が違うことに気づく前に色々試して心が折れかけたので、記録として書いておきます。

原因を確認編

最初に、キーボードの音が出ないのはデバイスの問題なのかDAWの問題なのかを調べます。

メーターをチェック

MIDI メーター

Cubaseには、画面右下の方に、MIDI信号が入力されていると動く水色のメーターがあります。

キーボードを押したときにメーターが動いていれば、接続はできていてCubase側の設定の問題で音が出ていないと考えられるでしょう。
トラック設定、インストゥルメントの設定などを見直せば解決する場合があります。

今回はこのメーターが動いていなかった場合の話をしていきます。

ドライバをチェック

ドライバが必要なキーボードの場合は最新のものになっているかどうか確認が必要です。
Windowsではデバイスマネージャーから確認することができます。

KeyStepはドライバを入れる必要はないようだったので、ここは問題なしでした。

ケーブル・本体に問題はないか

付属のケーブルが壊れた可能性を考え、別のケーブルに変えてみましたが変化はありませんでした。

本体の故障も考え、別のパソコンでCubaseに接続してみたところこちらはきちんと動作しました。
ここらへんでUSBの規格に気づくべきでしたね……。

初期設定ファイル再構築

初期設定ファイルの再構築を試してみました。
詳しい手順はこちらをご覧いただくのがよいと思います↓
https://faq.yamaha.com/jp/s/article/J0012049

設定を初期状態に戻す方法ですが、効果はありませんでした。

ファームウェアのアップデート

Arturiaの公式サイトにファームウェア(機器側に内蔵されているソフトウェア)があったので入れようとしてみましたが上手くいきませんでした。
3.0で接続したままだったので、更新用のソフトも認識してくれなかったようです。

まとめ:規格の確認は大事

ここまでお読みいただきありがとうございました。
MIDIキーボードがつながらないトラブルは多々発生するものですし、ネット上にはすでに私よりもっと詳しい人が発信している情報があると思います。

なのであえて言わせてください。
困ったらUSB2.0に挿してみてください。
解決するかもしれません。


これからCubase13を入手したい方はこちらもチェック↓

タイトルとURLをコピーしました