CubaseとStudio Oneを比較!買うべきはどっちのソフト?

当ページのリンクには広告が含まれています。
こんなお悩みありませんか?
  • CubaseとStudio Oneどっちがいいんだろう…
  • はじめてのDAW選びで迷っている

DAWには様々な種類のソフトがありますが、CubaseとStudio Oneは日本で1番目・2番目に人気なソフトです。

この記事でわかること
  • CubaseとStudio Oneの違い
  • 管理人がCubaseをおすすめする理由
管理人

私は普段Cubaseを使っていますが、今回はStudio Oneも触ってみました。
どちらのDAWがいいか迷っている方はぜひご覧ください!

目次

CubaseとStudio Oneは日本のDAWユーザーに人気

人気

CubaseとStudio Oneは日本のDAWユーザーに人気です。

2024年の調査におけるDAWソフトの使用率ランキングでは、Cubaseが1位、Studio Oneが2位となっています。

Cubase…回答者の39.8%が使用
Studio One…回答者の26.6%が使用

(参考:https://sleepfreaks-dtm.com/dtm-materials/daw-ranking-2024/

ランキング3位(21.8%)のLogic ProはiOS専用のDAWであるため、WindowsユーザーだとCubaseとStudio Oneの2択で悩む方も多いのではないでしょうか。

ここからは、CubaseとStudio Oneを比較していきます。

CubaseとStudio Oneの比較①価格設定

値段

CubaseとStudio Oneのグレードと価格設定について比較します。

CubaseStudio One
無料版AI・LE
音響機器に付属
Prime
誰でもダウンロード可能
エントリーモデルElements
13,200円
ミドルエンドモデルArtist
39,600円
Artist
13,200円
フラッグシップモデルPro
69,300円
Professional
52,800円
価格は公式ショップでの税込み価格です。
CubaseStudio One
無料版AI・LE
音響機器に付属
Prime
誰でもダウンロード可能
エントリーモデルElements
13,200円
ミドルエンドモデルArtist
39,600円
Artist
13,200円
フラッグシップモデルPro
69,300円
Professional
52,800円
価格は公式ショップでの税込み価格です。

フラッグシップモデル(最上位モデル)の価格はStudio Oneの方が安いことが分かります。

CubaseとStudio Oneの学割価格は?

CubaseとStudio Oneにはどちらも学割価格が用意されていて、学生の方は通常価格よりも安く手に入れることができます。

学割の価格と条件も調べてみました。

Cubaseの学割Studio Oneの学割
エントリーモデルElements
8,800円(33%オフ)
ミドルレンジモデルArtist
24,200円(39%オフ)
Artist
6,820円(48%オフ)
フラッグシップモデルPro
44,000円(37%オフ)
Professional
26,950円(49%オフ)
適用条件学生証などが必要
商用利用不可
学生証などが必要
商用利用可
価格は公式ショップでの税込み価格です。
Cubaseの学割Studio Oneの学割
エントリーモデルElements
8,800円(33%オフ)
ミドルレンジモデルArtist
24,200円(39%オフ)
Artist
6,820円(48%オフ)
フラッグシップモデルPro
44,000円(37%オフ)
Professional
26,950円(49%オフ)
適用条件学生証などが必要
商用利用不可
学生証などが必要
商用利用可
価格は公式ショップでの税込み価格です。

Studio Oneの学割価格の方が、Cubaseよりも割引率が高いです。

また、学割価格で購入したアカデミック版の製品は、Cubaseでは商用利用(YouTubeやニコニコ動画、ストリーミング等での楽曲収益化など)に使用することはできず、Studio Oneでは許可されています。

管理人

Studio Oneは学校卒業後も制限なく使えます。
Cubaseも通常版と機能は同様で、通常版にアップグレードすることもできます。

通常版、学割価格ともに、Studio Oneの方が価格を抑えられることが分かりました。

通販サイトから買うと、さらにお得になる場合があります。

\ポイントアップキャンペーン開催中!/
Amazon
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

の学割について詳しくはこちらの記事

CubaseとStudio Oneの比較②無料版の有無

無料

グレード比較でも見ましたが、CubaseとStudio Oneの無料版について比較します。

Cubaseは無料体験版と音響機器同梱版がある

Cubaseを無料で使う方法は2種類あります。

①ではProとElementsを使えますが、60日間の制限があります。

②のLE・AIは無料で期限なく使えるグレードですが、音響機器の付属品としてしか入手できないので、厳密には「無料」とは言えません

管理人

Cubaseには、完全無料・無期限で使えるグレードはありません。

Studio Oneには完全無料のグレードがある

Studio Oneを無料で使う方法も2つあります。

  • 30日間限定の無料デモ版
  • 完全無料のPrime

すべての機能を使用したい場合は30日間の期限があります。

しかし、機能が制限されたグレードであるPrimeは期限なく使うことができます
Primeは公式サイトから、誰でもダウンロードすることができます。

管理人

無料で使いたい人には、Studio Oneが向いているかもしれません。

CubaseとStudio Oneの比較③日本語情報の多さ

日本語

CubaseとStudio Oneの、日本語の使い方情報の多さについて比較します。

管理人

個人的には、これが一番大事なポイントだと思います。

DAWの操作は難しく、使い方をネットや本で調べながら操作していくことが多いです。
このとき、日本語での情報が充実している方が目的の操作に早くたどり着けます。

DTMは効率化勝負です。
また、自分の思う音にたどり着けるかどうかが曲のクオリティに関わってきます。

それぞれの媒体での、CubaseとStudio Oneの情報の多さについて調べてみました。

「Studio One」で検索するとそれぞれの単語を含む他の情報も混ざってしまいます。
条件を揃えるためにどちらもソフト名を完全一致で検索しています。

Googleにおけるヒット数

Google検索で、CubaseとStudio Oneのそれぞれで「○○ 使い方」と検索しヒット数を調べました。

  • 「Cubase 使い方」…約 222,000 件
  • 「Studio One 使い方」…約 86,100 件

参考値ですが、Cubaseの方が圧倒的に多いことが分かります。

Amazonにおける本のヒット数

CubaseもStudio Oneも、使い方のガイド本が多く出版されています。

Amazonの「本」カテゴリでそれぞれを検索し、本の数を調べてみました。

  • 「Cubase」…128件
  • 「Studio One」…63件

こちらも参考値ですが、Cubaseが多いです。

Udemyでの動画教材本数

DAWの使い方は動画で解説されることも多いです。

YouTubeの検索ヒット数は調べられないので、ここでは私が利用している有料動画教材プラットフォーム「Udemy」でのそれぞれの日本語講座のヒット数を調べてみました。

  • Cubase…124件
  • Studio One…3件

ここでもCubaseが多いです。

についてはこちらの記事で紹介しています。

管理人

私は「日本語情報が多い」という理由でCubaseを選びましたが、数値的に大きな差があることが分かりましたね!

\ポイントアップキャンペーン開催中!/
Amazon
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

CubaseとStudio Oneの比較④使用感

使用感

ここではCubaseとStudio Oneの機能や使用感について見ていきます。

どちらも優れたDAWですので、これからDTMを始める初心者に必要な機能はすべて揃っています

管理人

公式サイトで紹介されている機能のほとんどは、初心者には使い方が分からなかったり…

実際に両方のソフトを触って、使用感を比べてみました。

管理人

Cubaseは1年半使っていますが、Studio Oneは初めて触ります。
Cubaseの方が得意なのはご容赦くださいね。

画面表示を確認

こちらがCubase(Cubase Pro 13)の画面です。

Cubase Pro 13

そしてこちらがStudio One(デモ版)の画面です。

Studio One
管理人

Studio Oneの方がすっきりした印象がありますね。
Cubaseは大きめのモニタを使わないとすべてを表示するのは難しいです。

どちらもオーディオインターフェースがなくても音は出る

Studio Oneはオーディオインターフェースがなくても音が出る状態にできました。

Cubaseもオーディオインターフェースなしで音が出せるので、ソフトだけ導入した場合でもどちらも動作させることはできそうです。

音質はスペック上差はない

音質に関わるビット解像度について見てみましたが、どちらも64bit floatまで対応していました。

Studio One
Cubase

耳で聞いてわかる音質の違いはないようです。

プリセットの音源はCubaseの方が多そう…?

プリセットの音源(最初から使える音色)は、Cubase Proでは「3000以上」、Studio One Professionalでは「Presence XTコア・ライブラリが15GB」とされていて、単純に比較は難しいです。

ただ、Studio OneのPresence XTに相当するCubaseのマルチ音源「HALion Sonic」で使える音源のフォルダのサイズを簡単に合計したところ、17.79GBとなりました。

管理人

1つ1つの音源のデータサイズが違う可能性があるので単純比較はできません。

プラグインエフェクトはCubaseの方が多い

内蔵されているプラグインエフェクト(音に効果を付けるプラグイン)の数を調べたところ、Cubaseは81個、Studio Oneは31個でした。

管理人

Cubaseの方は使い方がよく分かっていないものも多いですが、最初から使える状態になっていていろいろ試しながら覚えられるのは強みだと思います。

音源やプラグインエフェクトは外部のダウンロードしたものを追加できるので、プリセットのものはそこまで重要ではないという意見もあります。

ただ、初心者が星の数ほどあるプラグインから最適な物を選ぶのはとても難しいです。
初めからある程度の設備がそろっている方が良いと私は考えます。

管理人のおすすめはCubase!

おすすめ

ここまでCubaseとStudio Oneの①価格 ②無料版の有無 ③日本語の情報量 ④使用感・機能について見てきました。

以上を踏まえ、私はCubaseをおすすめしたいと思います。

理由としては以下の通りです。

  • (使わない機能もあるけど)さまざまな機能・音源・プラグインが最初から付属しており、ソフトを追加しなくても一定のクオリティのものが作れる
  • 日本語ユーザーが多く、困った時に調べられる情報源が豊富
管理人

Cubase信者の意見なので公平なジャッジではありませんが、参考にしていただけると幸いです。

しかし、価格や初めて触ってもわかりやすいUIなど、Studio Oneにも良い点があるのも事実です。

Cubaseがおすすめ、でもStudio Oneも悪くない

CubaseとStudio Oneを4つの観点から比較してきました。

  • 価格が安いのはStudio One
  • 完全無料で使えるグレードがあるのはStudio One
  • 日本語の情報量が多いのはCubase
  • 機能や音源などが充実しているのはCubase

操作感については好みや慣れもあるので、迷っている方はぜひ両方の体験版を試してみてください。

こちらの記事で紹介しています。
のダウンロードはこちらから

管理人

DAWを途中で乗り換えるのは大変です。
慎重に選びましょう。

\ポイントアップキャンペーン開催中!/
Amazon
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
\ポイントアップキャンペーン開催中!/
Amazon
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
\ポイントアップキャンペーン開催中!/
Amazon
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

おすすめDTMスクール

比較記事で詳しく見る↓

この記事を書いた人

ぴこのアバター ぴこ 管理人

音楽歴15年、DTM歴4年、作曲歴1年のこそこそ生きてるDTMer。Cakewalk生まれCubase育ち。現在はCubase Proを使用中。DTMやボーカロイドのお役立ち情報を発信しています。ギター練習中。

目次