ウインドシンセサイザーを打ち込みに使う時のMIDI接続を解説!

ウインドシンセサイザーを打ち込みに使う時のMIDI接続を解説! DAW
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
スポンサーリンク

AKAIのEWIやRolandのAerophoneなど、ウインドシンセサイザーで打ち込みができたら便利だな……と思ったことはありませんか?

オーディオインターフェースやMIDI端子ケーブルを用意すれば、ウインドシンセサイザーをMIDIコントローラーとして快適に使うことができます。

この記事では、ウインドシンセとパソコンのMIDI接続の仕方を解説しています。

管理人
管理人

ウインドシンセを持ってはいるけどパソコンとのつなぎ方が分からない……という方はぜひ最後までお読みください!

ウインドシンセサイザーをMIDIで接続すると何ができる?

ウインドシンセサイザーをMIDIで接続すると、吹いた音のデータをDAWソフト上でMIDI形式のデータとして記録し、編集することができます。

オーディオ接続ではダメなの?

標準ジャックを使ってオーディオ接続することもできますが、打ち込みには使えません

オーディオ録音は吹いた音をそのまま録音してデータ化するため、後から編集することは難しいです。

ウインドシンセをMIDIコントローラーとして使用することを考えるなら、MIDI端子は必須です。

ウインドシンセサイザーをMIDI接続でつないでみよう

ウインドシンセサイザーをMIDI接続でパソコンにつなぐには、パソコンとウインドシンセサイザー以外に以下の物が必要になります。

  • MIDIケーブル
  • MIDI端子が付いたオーディオインターフェース
  • ヘッドホンやスピーカー

接続図を用意したのでご覧ください。

接続図

パソコンとオーディオインターフェースはUSBで接続します。

オーディオインターフェースとウインドシンセはMIDIケーブルで接続します。
MIDI-INとMIDI-OUTは形が同じなので注意が必要です。
ケーブルの方に区別はありません。

オーディオインターフェースとヘッドフォンは標準ジャックで接続します。

なぜオーディオインターフェースが必要なのか

オーディオインターフェースは遅延対策のため必要です。

伴奏に合わせて吹いた音をデータ化するためには、ヘッドフォンから聞こえるウインドシンセの音と伴奏の音にズレがあっては困ります。
まともに吹けたものではありません。

オーディオインターフェースが一体化したケーブルなんてものも試したことがありますが、遅延が酷く当てになりませんでした。

オーディオインターフェースをこれから用意する場合は、MIDI端子が付いているかをしっかり確認しましょう。
私が使っているオーディオインターフェース(Roland DUO-CAPTURE EX)は、MIDI端子が裏側についていたので商品画像からは分かりにくく、買うまでかなり悩みました。

オーディオインターフェース 裏
裏面

DUO-CAPTURE EXは生産完了していますが、後継機のRubix22にもMIDI端子はついているようです。

まとめ:ウインドシンセサイザーのMIDI入力は実用的か

接続方法を紹介はしましたが、実は私はMIDIでの録音は諦めてしまいました

なぜなら演奏が下手だから……

演奏に自信があれば一つの方法としてありだと思いますが、それならなおのことオーディオ接続にして音の表現を出したほうがよいのでは……とも思ったり。

DTMを始めたばかりのころ、わからないなりに試行錯誤したのを思い出して書いてみました。
誰かの役に立つことを願います。

エレキギター・マイクをオーディオ接続する方法はこちらの記事から!

タイトルとURLをコピーしました