Cubase13発売!アップデート方法や新機能、使用感をレビュー!

当ページのリンクには広告が含まれています。
こんなお悩みありませんか?
  • Cubase13にアップデートするか悩んでいる
  • アップデートの方法が分からない
  • アップデートにお金がかかるってほんと?

Cubase13は2023年11月に発売されました。
アップデートを悩んでいる方もいると思います。

この記事でわかること
  • Cubase13の新機能
  • Cubase13へのアップデート方法
管理人

Cubase13にアップデートするか迷っている方はぜひ参考にしてください!

当記事のスクリーンショットはCubase Artist 13のものです。
Pro、Elementsとは表示が異なる場合がありますのでご注意ください。

目次

Cubase13の新機能

Cubase13 のアップデートでは、様々な新機能が追加されました。

その中で、特に私が気になった機能を紹介します。

コードパッド機能がグレードアップ

選択したコードをドラッグ&ドロップで入力できるコードパッドが、Cubase13では大幅に強化されました。

\クリックで比較できます/

Cubase13コードパッド
管理人

選択項目が多い……!

まずパッドの部分ですが、選択したコードに対する他のコードの関係がパッド下部にラインで表示されるようになりました。

赤<黄<緑<無色の順で、違和感のないコード進行を作りやすいです。

追加された右側のパネルにも注目です。
コードエディターが追加されました。

Cubase13 コードエディター

また、上の<>マークで表示するメニューを切り替えることができます。
Cubase12では別ウィンドウで表示していたコードアシスタントをパネルに表示させることもできます。

Cubase13五度圏
Cubase13コードリスト

コードアシスタントについてはこちらの記事で解説しています。

範囲選択がキーエディターでも使えるように

今までトラックの編集でしか使えなかった範囲選択ツールが、キーエディタ(ピアノロールのパネル)でも使えるようになりました。

範囲選択

選択した区間に完全に含まれるノートすべてが選択できます。

範囲選択
こうして
範囲選択あと
こう

オーケストラ音源「Iconica Sketch」

Iconica Sketch

HALion Sonicで選択できる音源に、オーケストラの楽器34種類の音を収録した音源「Iconica Sketch」が追加されました。

オーケストラの音に忠実な音色、スタッカートやピチカートなどの奏法の表現が可能になりました。

ボーカル特化プラグイン「VocalChain」

VocalChain

プラグインエフェクトに、ボーカルの調整に特化した「VocalChain」が追加されました。

ボーカルの調整にかかわるエフェクターが集約されています。

UIの変更

トラックのパネルはCubase13では以下のような表示に変わりました。

\クリックで比較できます/

Cubase13トラック
管理人

個人的には、Cubase13の表示の方がすっきりしていて好みです。

また、Cubase12ではプロジェクトを閉じたときに画面上部のメニューが残り、×を押してもなかなか消えないのがなんとなく邪魔でした。

なんかじゃまなやつ

Cubase13ではスタートメニューが表示されるように変更され、閉じるまでにタイムラグもなくなったので快適だと感じました。

Cubaseの終了

Cubase13 Artistを実際に使ってみた感想

ここまでCubase13を実際に使いながら新機能を紹介してきました。

私が一番便利だと感じたのは、コードパッドの機能追加です。

管理人

初心者にとって、コード系の機能強化は非常にうれしい機能です。

また、Iconica Sketchも質のいい音源だったので、特にオケ系の曲を作る方は重宝すると思います。

12と比べて、操作に違和感のある点はありませんでした。

管理人

12で作ったプロジェクトも、13で問題なく編集できます。

強いて言えば、Inspectorタブに変更があり「チャンネルタブ」が追加されたので、慣れるのに時間がかかりそうです。

Inspector・チャンネル

Cubase13へのアップデート方法

Cubase13へのアップデートは、Steinberg公式サイトから行うことができます。

注意点や手順を紹介します。

過去バージョンからのアップデートにも料金が必要

過去バージョンからCubase13へのアップデートには料金がかかります
「新発売のソフトを買う」という認識が正しいでしょう。

ただし、過去バージョンを所持している場合には割引価格で購入することができます。

管理人

例えばCubase Artist 12からCubase Artist 13にアップデートする場合は、9,900円がかかります。

Cubase13を通常版で購入した際は以下の価格になります。
ProとArtistは12から値上げ、Elementsは価格据え置きとなっています。

Cubase Pro 1369,300円
Cubase Artist 1339,600円
Cubase Elements 1313,200円
価格は税込みです
Cubase Pro 1369,300円
Cubase Artist 1339,600円
Cubase Elements 1313,200円
価格は税込みです
管理人

Cubase13を買える場所はこちらの記事にまとめています。

アップデートの手順

過去バージョンからのアップデート方法を紹介します。

STEP
Steinberg公式サイトにアクセス
公式
STEP
「BUY CUBASE 13」をクリックし、購入するグレードを選択
BUY CUBASE
STEP
購入画面で「アップデート&アップグレード」をクリック
Cubase13かう
STEP
自分が持っているバージョンを選択
UG
STEP
購入の確認画面で希望の支払い方法、氏名、メールアドレス、住所を入力

利用規約に同意し「クレジット/デビットカード」の欄をクリックすると氏名・住所・カード番号を記入する欄が出てきます。

「お支払い」をクリックすると、シリアルナンバーが記載されたメールが届きます。

STEP
Steinberg Download Assistantを立ち上げる

Cubaseをインストールするときにインストールされているはずなので、見当たらない場合はスタートメニューの検索で探しましょう。

アンインストールしてしまった方はこちらからダウンロードできます。

SDA
STEP
「ダウンロードアクセスコードを入力」をクリック
SDA
STEP
メールに記載されたシリアル番号を入力
シリアル
STEP
製品名を確認して「OK」をクリック
STEP
左上の製品欄で、Cubase13を選択
製品選択
STEP
ダウンロード先のフォルダを選択し、「すべてダウンロード」をクリック

ダウンロードが終わればCubase13を使えるようになります。

まとめ:Cubase13はアップデートするべき!

Cubase13の新機能、使用感、アップデート方法を見てきました。

新機能のうち、この記事でご紹介したのはこの4つです。

  • コードパッドの強化
  • 範囲選択
  • オーケストラ音源の追加
  • プラグインの追加

アップデートに料金はかかりますが、個人的にはアプデして正解だったと思っています。

もちろん12のままでも使用に問題はありませんが、13へのアップデートは十分価値があると思います。

ぜひ13へのアップデートをご検討ください!

管理人

お得な情報はこちらにまとめています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
\ポイントアップキャンペーン開催中!/
Amazon

おすすめDTMスクール

比較記事で詳しく見る↓

この記事を書いた人

ぴこのアバター ぴこ 管理人

音楽歴15年、DTM歴4年、作曲歴1年のこそこそ生きてるDTMer。Cakewalk生まれCubase育ち。現在はCubase Proを使用中。DTMやボーカロイドのお役立ち情報を発信しています。ギター練習中。

目次