【Cubase13】自動でパラメータを制御!オートメーションとは?

Cubase13 オートメーションを解説! DAW
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
スポンサーリンク

Cubase13で曲を作っているけど、なにか物足りないもっと曲に変化を付けたい……とお悩みではありませんか?

オートメーション機能を使えばより自由な表現が可能になり、あなたの曲を表情豊かな曲に仕上げることができます!

この記事では、Cubase13のオートメーション機能についてざっくり説明していきます。

管理人
管理人

オートメーションって何?というところから解説していきますので、ぜひご覧ください。

オートメーションって何?

オートメーション(automation)とは自動化という意味です。

DTMにおいては、音量やパンなどのパラメーターを自動で制御するための設定のことを言います。

オートメーションは何に使う?

音量などのパラメーターは、イベントごとに設定しない限りはプロジェクトの間で一定です。
曲を再生している途中に音量のつまみやエフェクトのダイヤルを操作しても、設定をしておかなければ記録はされません。

しかし、オートメーションを設定することで、曲の途中で音量などに変化をつけることができます。
音量のつまみの動作を「自動化」する機能なのです。

オートメーションで何ができる?

オートメーションをつけることによって曲中で変化を出すことができるパラメーターには、以下のものがあります。

  • ボリューム
  • ミュートのON/OFF
  • パン(音量の左右バランス)
  • エフェクトの各パラメーター

Cubase13でオートメーションを使う2つの方法

Cubase13でオートメーションを記録するには、リアルタイム入力グラフィック入力の2つの方法があります。

リアルタイム入力は、実際に変化を出したいタイミングに合わせてマウスでつまみやダイヤルを操作する、直感的な入力方法です。

グラフィック入力は、鉛筆ツールやラインツールでオートメーションを書き込んでいく入力方法です。

リアルタイム入力でのオートメーション設定方法

リアルタイム入力でのオートメーション設定の方法を見ていきます。

ボリュームのオートメーション設定

トラックのパネル左下にカーソルを合わせると、オートメーションレーンの表示をオンオフするボタンが出てくるので、クリックします。

オートメーション

オートメーションレーンが表示された状態です。

オートメーションレーン

トラック名の下の、「w」ボタンをクリックします。

writeボタン

「w」が赤く点灯しているときにオートメーションの書き込み(write)ができます。

この状態で、プロジェクトを再生しながら変更したいパラメーターのつまみ(ここではボリューム)を操作していきます。

書きこみ前

つまみの動きが記録されました。

書きこみ前

ボリュームのパラメーターにおいては、線が上に行くほど音量が大きく、下に行くほど音量が小さくなります。

上げ下げ

実際にどのように変化するかは、こちらの動画で確認してみてください。

同じトラックに、別のオートメーションを重ねることもできます。

オートメーションレーンのパラメーター名をクリックすると、操作するパラメーターを切り替えられます。

切り替え

パンのオートメーション設定

左右パンのオートメーション設定も、基本的な操作方法はボリュームの設定と同じです。

オートメーションレーンで「パンナーのリンク」を選択してパンナー(パン操作のつまみ)の操作を記録すると、「Pannner – 左右パン」のオートメーションレーンが作成され、左右のパン振りが記録できます。

パン振り

「パンナーのリンク」のレーンは最初はオフになっているので、電源ボタンをクリックして白に点灯させると、記録したパンナーの動きが反映されるようになります。

電源ボタン

「Pannner – 左右パン」のオートメーションレーンでは、線が上に行くほど左に、下に行くほど右に音が寄ります

左右

エフェクトトラックを使用したオートメーション設定

エフェクトのパラメーターをオートメーションで操作するには、まずエフェクトトラックを用意します。

エフェクトトラックを作成

トラックのパネル上で右クリック、または左上の+ボタンをクリックして、「エフェクトトラックを追加」を選択します。

エフェクトトラック
エフェクトトラック

「トラックを追加」ウィンドウの「エフェクト」のプルダウンで、追加したいエフェクトを選択します。

エフェクトトラック

ここまでの作業は、メディアタブから任意のエフェクトのアイコンをドラッグ&ドロップすることでも行えます。

ドラッグアンドドロップ

Sendsの設定

次に、エフェクトをかけたいトラックのSendsの設定をします。
この設定を行うことで、エフェクトトラックのオートメーションとMIDIトラックやオーディオトラックのデータが連動するようになります。

ウィンドウ右上の表示ボタンをクリックして、チャンネルタブを表示させます。

チャンネルタブ
チャンネルタブ
画面左端に表示されます

Sendsの下のボックスをクリックします。

Sends

連携させたいエフェクトトラックを選択します。

エフェクト

左上の電源マークをクリックして、Sendをオンにします。

オンオフ

表示がオレンジになれば接続完了です。

Send完了

Cubase12での操作

インストゥルメントトラック、MIDIトラックの場合は、まず左側のInspectorタブのインストゥルメント名をクリックします。

はりおん

出てきたメニューの中の「オーディオSends」をクリックします。

オーディオSends

オーディオトラックの場合は、「Sends」をクリックします。

Sends

黒い枠が出てくるので、「1 – Post」をクリックして、連携させたいエフェクトトラックを選択します。

1post
エフェクトトラックを選択

左上の電源マークをクリックして、Sendsをオンにします。
黒い枠がオレンジになっていればオンの状態です。

Sends on

オートメーションの書き込み

エフェクトトラックのオートメーション書きこみボタン(wのボタン)をオンにして、プロジェクトを再生しながらエフェクターのつまみやダイヤルを操作します。

エフェクト

パンの時と同様に、線が下に行くほどダイヤルやつまみの左・下の値に、上に行くほど右・上の値になります。

左右

グラフィック入力でのオートメーション設定方法

グラフィック入力でのオートメーション設定方法を解説します。

リアルタイム入力の解説で、オートメーションが線の形で記録されることを見ていただけたかと思いますが、グラフィック入力ではこの線を自分で書いていきます

グラフィック入力ではオートメーションを視覚的に操作できるというメリットがある他に、リアルタイム入力で記録したオートメーションの微調整にも使えます。

オートメーションレーンを表示し、鉛筆ツールを選択します。

鉛筆ツール

鉛筆ツールで、オートメーションレーンの線を上書きします。

ガタガタの線でも、ある程度きれいに調整してくれます。

線

ラインツールを使えばきれいな直線や曲線が書けます。

ラインツール

まとめ:オートメーションを使って魅力的な曲作り

ここまでオートメーションの基本的な使い方を紹介してきました。

さまざまなパラメータでオートメーションを使うことで、曲をより表情豊かにすることができます。

オートメーションを使いこなして、曲の魅力を最大限に引き出してみましょう!


これからCubase13を入手したい方はこちらもチェック↓

タイトルとURLをコピーしました